ブログ

HOME//ブログ//オリジナルゲームその17(仮)

ブログ

オリジナルゲームその17(仮)

正負の数の掛け算の練習用のゲームです
トランプを使います
タイトルに(仮)が付いてるように
今のところ
完全に脳内作成段階です
テストプレイなんてしてないよ、です
何となくだけど
記録用として書きます

目次

魔法対戦ゲーム

用意するもの
・トランプ1組
・おはじき(1人10個)
ゲーム設定
プレイヤーは魔法使いになって、対戦します
左隣のプレイヤーを攻撃し、右隣のプレイヤーから攻撃されます
カードを使って、攻撃したり、体力を回復したりしながら生き残りましょう

---
正負の数の足し算引き算の練習用ゲームは
前のココログからどうぞ

ルール説明その1

カードの役割
2~9(そのまま数値として使います)
(赤はマイナスの数値、黒はプラスの数値とします)
1(1枚で使います)(赤はマイナス、黒はプラスは同様です)
J(ジャック)(1回攻撃を防ぐカードで、自分の番のとき、自分の目の前に置きます)
Q(クイーン)(攻撃されたときに手札から出します。ダメージを半分にします)
K(キング)(攻撃されたときにHP(体力)が0になったとき手札から出します。HPを5だけ回復して生き返ります)
ジョーカー(攻撃されたときに手札から出します。攻撃が攻撃したプレイヤーに跳ね返ります)
---
HP(ヒットポイント)(体力)
おはじきで管理します
10個持ってゲームを始めます
0個になったら負けです
回復(後述)しても10個までです

---
最初、カードをよく混ぜ、ひとり4枚配ります
自分の番になったら、1枚カードを引きます
カードを使いたくない場合はパスします
持てるカードの枚数は最高5枚までです

ルール説明その2

攻撃方法
・基本攻撃
2枚のカードを掛け算してマイナスになる組み合わせを作ります
要は、赤と黒を1枚ずつです
そうしたら、その計算結果を10で割ります
小数点以下は切り捨てた数値が、左隣のプレイヤーに与えるダメージになります
例)ハートの9とスペードの9を出すと、-9×9=-81
-81÷10=-8.1なので、-8で、左隣のプレイヤーへ「8」ダメージ与えます
ダメージを与えられたプレイヤーはその数だけ、おはじきをどけます

ルール説明その3

回復
2枚のカードで体力を回復します
掛け算の結果がプラスになるように2枚のカードを出します
要は、赤と赤、もしくは、黒と黒です
回復する体力は、攻撃と同じく
10で割って、小数点以下切り捨てです。
例)スペードの4とクローバーの7を出すと
4×7=28
28÷10=2.8なので
2回復となるので、おはじきを2個補充します
前述しましたが、最高は10個までです

ルール説明その4

「1」は1枚で使います
赤の1は左隣へ1ダメージ
黒の1は体力を1回複
です

ゲームの終了

体力が0になり、K(キング)カードで生き返ることができないプレイヤーは敗北です
ゲームから抜けます
A、B、C、Dと並んでいて、Bからの攻撃でCが敗北した場合、Bの次の攻撃する相手はDになります
これで、ゲームを続け、3人生き残るまで続けます
3人生き残ったら、ゲーム終了
ただし、得点が入るのは、生き残ったプレイヤーではなく
倒したプレイヤーの数が得点になります
つまり、プラスになる数を作り続けて生き残っても、0点になるので
マイナスの数を作って、倒しに行かないといけないということです

と言った感じ

以上が脳内ルールです
ゲームになってるかな~?
今のご時世、人が集まれないので
テストプレイもままならないですけど
できる環境の人いましたら、やってみてください
ペコリ(o_ _)o))

SHARE
シェアする

ブログ一覧